面接の目的とは

Pocket

面接にむけての準備や、面接応対についてお伝えします。

まずは、会社の採用担当者が面接を行う目的について確認しましょう。

採用担当者の目的

採用者側が面接を行う目的は、主に「資質」「意欲」「人柄」の3点です。

・募集職種への適性・能力があるか、(経験が浅い場合)今後の可能性はあるか【資質】

・仕事に対しての熱意はあるか、その熱意を本人がどのように伝えられるか【意欲】

・組織に適応して続けていけるか、コミュニケーションスキルに問題はないか【人柄】

次に、応募者がどのような目的をもって面接に挑めばいいかを確認しましょう。

応募者の目的

応募者が面接を行うときは下記のことを意識しましょう。

・応募した仕事・職場は自分の価値観に合っているか

・就業条件(働き方)は、自分の生活と合っているか

・自分の適性・能力から見て、この職を選択することに問題はないか

・応募した企業や職場の雰囲気が自分に合っているか

面接は採用側が一方的に評価する場ではなく、採用者側、応募者側それぞれが互いの目的を確認する機会です。

そのためには応募者も事前に企業情報や仕事について調べておく必要があります。

求人票やホームページ、企業のパンフレットなどを確認しておきましょう。

応募者側は「選考される立場」として緊張し、受け身になってしまいがちです。

働く機会を与えてくれることに感謝の気持ちを大切にしつつ、受け身になり過ぎず、自分の思いを伝えられるように頑張りましょう。

Follow me!