求人票の見るときのポイント①~就業場所~

Pocket

仕事を探している(求職中の)方は、求人票を見たことがありますよね?

求人票には多くの情報が載っています。全部をじっくり確認するのはとても大変です。

そこで、ハローワークの求人票を参考に、見る時のコツやポイントをお伝えしたいと思います。

求人票を見る時に一番大事なのは「就業場所」を確認することです。

就業場所についてと一番大事である理由をお伝えします。

就業場所って何?

「就業場所」とはその名の通り、採用になった時に実際に働く場所のことです。

求人票の中には「所在地」という欄もあります。

所在地と就業場所は間違えやすいので注意が必要です。

簡単に言うと、「所在地」は求人を募集している会社の本部のようなところです。

例)近所のスーパーのレジ業務に応募する場合

「株式会社スーパー」は所在地、「スーパー〇〇店」は就業場所となります。

本部で働く場合は所在地と就業場所は同じになります。

就業場所が大事な理由て何?

就業場所が大切な理由は「本当にそこで働き続けられるか」を確認しなければならないからです。

〈徒歩や自転車で通う〉

通うのが可能な距離か、どのくらいの時間がかかるか、駐輪場はあるか 等…

〈バイク・車で通う〉

通うのが可能な距離か、どのくらいの時間がかかるか、駐車場はあるか 等…

〈公共交通機関(バス・電車など)で通う〉

通うのが可能な距離か、どのくらいの時間がかかるか、どのくらいの金額がかかるか、

通える路線があるか、就業時間に合うか

上記のことをしっかり確認しないと、採用が決まった後に苦労してしまいます。

自分のやりたい仕事・挑戦してみたい仕事が分かる項目「職種」や「仕事内容」は大事だと思います。

だからこそ、この「就業場所」は必ずチェックして、通い続けられるような場所を選んでください。

公共職業安定所 求人票

Follow me!

前の記事

祝日のお知らせ

次の記事

報・連・相のコツ