リースボランティア

Pocket

こんにちは!もりサポスタッフです。
もりサポでは、ハートフルワークいわてさんとの協力で、街中の主要なところに飾るリース作りのお手伝いを毎月行っています。
毎回依頼される作業内容(切ったり、貼ったり、組み立てたり)が違うため、何をするかは当日のお楽しみです。

今回はGWに行われる体験会で実施予定の松ぼっくりを軸にした花のモチーフづくりを行い、どれくらい時間がかかるかを確認しました。
2名の方が参加しました。

お花モチーフの完成形
パーツの花びらは、松ぼっくりリースと同様に経木から切り出して使います

材料は松ぼっくりリースと同じですが、花びらととなる経木をカールさせる工程が大変だったとの感想がありました。花びらが割れないように気を付ける必要があるので、パーツの切り出しとはまた違った器用さが求められるようでした。
皆さん、今回の花のモチーフ作り初体験でしたが、時折周りと話したりコツについて話す場面も持ちつつ、黙々と作業を進めていました。

講師の方からは、今回かかった時間をふまえて実際の体験会での工程を組み立てますとの声をいただきました。
こうしてボランティアがどう役立つかを知れると、自分の作業がどのように貢献されるものなのかが実感できますよね。この感覚を自信にしていき、就労へのステップにできるといいですよね。

次回5/19(木)は前回行ったリースのパーツの切り出しを行う予定です。
ボランティアのなかでも、手先を使う作業があるものに参加したい方や協力して物事に取り組みたい方など、ご参加お待ちしています!

Follow me!